スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死は唐突に訪れる(バックアップは大切)

3D関係のバックアップと、作り終わったモデルとか動画とかを入れておく、
外付けHDDの調子が前からちょっとおかしかった。

なんか読み込もうとすると、時々エラーを出すなーと思っていた。
思えばこの時に、新しいHDDを買うなり、データを退避させるなどして、
外付けHDDをフォーマットし直すべきだったんだと思う。

まあ、そんなことは日々、世界中で人々が嘆いている後の祭りってやつだ。
終わった後なら、誰でも、なんとでも悔やめる。


ある日、内蔵HDDのDドライブが狭くなってきたので、
もう作り終わって配布し終わったモデルを、外付けHDDに移して、
内蔵HDDからは削除しようと思った。
コピーできなかった。
上書きできなかった。
マズイ気がした。

いわゆる、終わりの始まりってやつだ。

フォルダのアクセス権限を見なおして、読み書きありにして、
下位フォルダまで適用させた。
これがまずかったかもしれない。
デフラグしたら何とかなるかと思った。
これもまずかったかもしれない。

私の中でなんとかしてくれるのは、デフラグと修復機能だった。
外付けHDDの寿命を縮める可能性があるとか言われても、どうしたら良いの。


次に、モデリングフォルダにアクセスできなくなった。
フォーマットを要求された。
この時点でまだMMDのバックアップフォルダは開けた。

今思えばこの時点で、データの引き出しを考えるべきだったのだ。
私はこの時点で、まだなおこのHDDにデータを書き込むことを考えていた。

その次に、外付けHDDが認識されなくなった。
コンピュータに、Cドライブ、Dドライブ、
その下にあったはずの外付けHDDが存在しない。

\(^o^)//(^o^)\\(^o^)/


やっと危機を理解した。
まあ、パニックにはなる。
ググり地獄の始まりである。

USBドライバの削除、デバイス系ドライバの削除。
なんだかんだ削除したり試してみたけどダメ。

testdiskというフリーソフトが良いらしい。
販売されているデータ復旧ソフトでもダメなものを、
掬い(救い)出してくれる救世主のようなソフトだ、と各所に書いてあった。
やはり人は危機的状況で宗教に縋るのだと思った。

しかし果たして認識されないHDDをtestdiskは認識してくれるのか?
testdiskを起動して、HDDを検索した。
Cドライブ、Dドライブ、 以上。

神はいなかった。

私が神だ。


まだ可能性は残されているのを知っていた。
外付けHDDは、HDDを読み取るケースに入っている状態なので、
その読み取るケース側の故障の可能性だ。

現代文明の力は偉大だ。
注文した次の日にものが届く。
最寄りのコンビニでも受け取れる。
便利だね!Ama○on!

外付けHDDのなにこれどうやって留まってるの感のあるケースを、
ググりながらこじ開け、留めていたツメが折れたところで引き返せない事を決意し、
HDDケースとかいう自作PCのコーナーにしか置いていないものにHDDをセットして、
蓋を留めたところで、なんかもう引き返せないところまで来た気がした。
PCオタクの完成である(偏見)。

さて、これで読み込めるようになったら万々歳だぞ、と、
脳内でエンドロールをかける準備をして、
まあ、そう上手くは行くまいとネガティブ発動しつつ、
繋いでみました、新生外付けHDD。


はい、コンピュータにいないーーーーーーーーー。
と、思ったけども、回転音はしている。
さっきまでは回転音もちょっとはする気がしたけど聞こえなかった。
testdiskを起動させてみると、存在します!2TB!

ということで早速Quick scan。
しても、なんかエラーで存在しないわ、パーテーションとか言われるので、
Deeper scan。
5%に2時間とか言われるので、まあ、それなりの覚悟をして挑んだわけですが、
このソフト、実行中に何も出てこないのがしばらく続いたりするので、
(うちのHDDがやばいだけかもしれないが)
不安になってEnterを押したら、一度ストップしてしまった。

とりあえず寝る前に放置スキャン。
起きたら、PCがスリープモードになっていた。
馬鹿か私は。

スリープモードに入らないように設定しなおしてから、
出勤放置スキャン。
帰宅、終わってない。
が、どうも様子がおかしい。
パーセンテージ表記が0%のままだし、残りシリンダーが10万くらいある。
やばいやつでは。

とりあえずそのままネットでもするか、と思ったら、
今度は無線LANが使えない。
ワオワオ。
確か引っ越す前に買った5mくらいのLANケーブルがあったはず…と思ったら案の定あって、
「いつか使うかもしれない」を捨てられないマンがここに来て役立つ。
(というかたまに役に立つからますます捨てられない)
前にLANの親機からどうしてもめちゃくちゃ離れてるアパートに住んでた時に買ったので、
LANケーブルは長すぎると、速度落ちるらしいので、
あまりオススメしないが、こういう時に役立つ。

とりあえずDeeper scanをしながら、無線LAN子機のデバイスインストーラを落としてくるも、
これがまためっちゃ時間かかるし途中で止まるんだけどなっ!?
とか思っていたが、よくよく見ると、子機ってそういえば稼働中光ってなかったか…。
USB差し込むと、ベボンっていうあの音はするけど、
「デバイスを読み込んでいます」というあの表示が出ない…。
これ…子機死んでるんじゃねえの……。
別にLANケーブルでもいいんだけど、部屋を豪快に横断してる上に、
そうするとルンバが機能しなくなるのと、子機はそこまで高くないので購入。

とか思ったところで、現代文明によって時間指定された3TBの外付けHDDが届く。
2TBも確かに使いきってなかったんだけど、だって、だって安かったんだもん。
(言い訳)
現状の3DフォルダとMMDフォルダとiTunesフォルダのバックアップは、
そっちの新HDDに取ってひとまず一息。


朝置きてもDeeper sccanは0%だった。
24時間経つんだけどなっ!?



というのが現状。
・マイドキュメントもバックアップする。
・testdiskが1%にもなってなかったら、自力サルベージは諦めて、見積もりに出す。
(ただ見積もりがン万単位なのが怖い)
という方向性は固まってきた。
もうそういうのは良いから早く作業に戻りたい。

もはやマザボも取り替えた方がいいんじゃないのか!?
とか言う気持ちになってきて、ネットを見始めるも、
マザボ関係のサイトに書いてあることが、さっぱり理解できないでござるよ。
マザボ変えたら、今デスクトップの前面に付いてるUSBポートの下に、
USB差すと唐突に電源が落ちるのも直る???


そんなバタバタしつつ今夜は、ドキッ初心者だらけのCoCです。
楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のののP

Author:のののP
絵描いたり動画作ったり歌ったり3Dモデリングしたりゲームしたり。

■ニコ動
mylist/2325248
■youtube
nononoP00
■Pixiv
id=141058
■連絡
opm_niconico○yahoo.co.jp
○→@

MMD配布系まとめ
PMDE講座まとめ
blender tips

配布物以外の無断使用禁止。

商用利用、商業依頼については上記連絡先までメール下さい。

カテゴリー
アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。