クトゥルフした。

と、いうことで前回作った探索者で、有名な短編「毒入りスープ」をやってみましょう。
有名で短いということで選びましたが、内容を知っているだけに、
絶対この探索者に向いてないんだけど。

前回作った探索者:ののの-A1(PL:ののの)、全一人のソロプレイでお送りします。
楽しいですね。

ダイスはデジタルダイスを使います。
初心者向け親切キーパー。ソロプレイ補正あり。PLはリアル知識なし、メタ推理なしで参ります。


以下ソロプレイの様子。



のののはいつも通りスマホを握りしめたまま眠りに付いた。
夜中に目を覚ますと、そこは自室ではなく、壁も床もコンクリートで出来た四方に扉のある正方形の部屋。

部屋には自分一人。いつも手を離さないはずのスマホもない。
服装もパジャマ代わりのTシャツではなく、白いローブのようなボロ布。
辺りを見回すと、天井には薄暗い豆電球。それがおぼろげに部屋を照らし、中央には古い木製の長机と椅子が一つあった。
体を起こして机を見ると、その上には木製の器に入った、赤いスープが一つ。
恐る恐る近寄っても、何の臭いもしなかった。
視線を下に落とすと、椅子の上には、古い紙切れが二つ。
~帰りたいなら 一時間以内に 毒入りスープを飲め。
 飲むまでは 君じゃあここから 出られない。
 一時間以内に 飲めなかったら お迎えが来るぞ~
KP時間制限あり、ということです」
のののこれ一人で一時間で何とかなるの」

もう一枚の紙には、この空間の地図を思わしきものが記されていた。
この部屋は『スープの部屋』、北の部屋は『調理室』、南の部屋は『礼拝室』、西の部屋は『書物庫』、東の部屋は『下僕の部屋』と記されている。

KPじゃあ、ここで目星振ってみましょう。1D100」
ののの100面ダイスってもはや読めないよね。33」
KP一人なのに、目星初期値25なので、失敗」
ののの一人なのに失敗」
KP医学振ってみる? 初期値だけど」
ののの初期値5なんだけど…10です」
KP失敗です」
のののわかります」
KP大丈夫なのこれ」
のののえーと、私はですね、持ち前のひらめき力で、世の中の不思議に迫るジャーナリストなので、とりあえずアイデアを振ります」
KPひらめき力」
ののの食らえ!私のひらめき力!…12!」
KPアイデア85なので、成功です。えーーと、あなたはこのスープが血液であることに気づきます」
ののの血液?何の?」
KPあっ、聞くんだ。…医学で」
ののの…18」
KP医学5なので失敗ですね。
何の血かは分からないけど、スープ皿を満たすほどの量の血液を見たあなたは、今までは気づかなかったのに、ここで鉄錆に似た悪臭がこみ上げてくることに気づく」
のののえっ、いまさら」
KP0/1D4のSANチェック!」
のののわーい!SANチェック!やってみたかった!」
KP何この探索者怖い。まず1D100を振って、自分のSAN値と比べます」
ののの…56」
KPSAN値は20なので…うわっ、低っ!!ジャーナリストに向いていない」
のののドラマの殺人シーンとかで発狂しそうだと思ってる」
KP失敗なので、次に1D4で減少値を」
ののの…4」
KPよりにもよって最大値。
現在のSAN値20から4を引きます。が、あなたの20のSAN値のうち20%が失われたので、不定の狂気に入ります」
のののアッハイ」
KP1D10で狂気の種類」
ののの…5」
KP狂気の種類は"フェティッシュ、異常な執着"」
のののえっ、それだけ!?」
KP実際にどういう風になるかは決めていいよ」
のののじゃあ、ジャーナリストなので、真実の解明に対して異常な執着を示します」
KPちゃんとロールプレイしてね」
のののへへへへ…この異常な事態…神隠しか…誘拐犯か…必ず白日の下に晒してみせる…。カメラ…カメラがない…!メモ帳もない…!血文字!?血文字で書き残せばいいの!?」
KPSAN値から4引いておいてね、20から4引いて16ね」
のののハハハ!我がSAN値がどうなろうとも、この真実さえ伝われば!」
KP市民のSAN値が減るのでは…。
と、とりあえずスープはまだ温かいことが分かります」
のののということは、これは調理されたばかりの可能性…。調理室に行くぞ!!犯人はそこにいる可能性が高い!」
KP行くぞって言っても一人だけど。じゃあ、調理室に向かいます」

北の部屋、調理室は、真っ白なドアノブなどがない、板のような押し扉だった。

ののの聞き耳。…73」
KP初期値25なので、失敗。何も聞こえない」
ののの覗き窓的なものは」
KPない」
のののじゃあ、犯人がいる可能性を考えて数センチ開けて中を見る」
KP中がわかったかどうかは…目星で」
ののの…23」
KPおめでとう。初成功ですね」
ののの思ったより嬉しい」
KP中には人、生き物がいる気配はしなかった」

扉を開けて中に入ると、この部屋はとても綺麗な印象を受けた。
食器棚や調理台、ガスコンロや洗い場など様々なものがある。
部屋は幾つもの豆電球が設置されており、真昼のようにずっと明るい。
ガスコンロの上には蓋をしてある大きな鍋が置いてあった。

のののまず部屋全体をチェック」
KPどこを?」
のののえっ、とりあえず全体を満遍なく」
KP目星で」
ののの…89」
KPそのうちファンブるんじゃないのか…。失敗。大きな鍋があるなぁ、としか思わなかった。」
のののじゃあ聞き耳」
KP何に!?」
ののの鍋に」
KPどうぞ」
ののの…62」
KP失敗」
のののドキッ☆初期値だらけのソロ探索者。………鍋開ける」
KP予想をどうぞ」
のののスープの、血液の原材料」

鍋の中はバラバラの死体でいっぱいだった。
人間の死体が、一杯詰まった。大きな鍋。

KP死体を目撃したあなたはSANチェックだ!
デフォルトSAN値が低いのとソロプレイなのと予想していたのを加味して、1D100-10していいよ」
ののの…76」
KP76-10でも66。本当にメンタル弱い。じゃあ1D6の正気度ポイントを失います」
ののの…4」
KP…16の20%以上を失ったので、不定の狂気プラス…」
ののの…7」
KP心因性視覚障害、心因性難聴、四肢の機能障害のどれかを選んで下さい」
のののさすがに歩けないのはソロだと死ぬし、目もやばいので、耳で…」
KPなんていうか、典型的な一般人が巻き込まれるとこうなるっていうのがすごくよく分かる
のののでも一人だから耳が聞こえなくてもあまり変わらない…」
KPどうする?」
のののとりあえず食器棚か調理台を漁って武器になるものを探す。
死体がある以上殺人犯がいる。手ぶらは危ない。いざとなれば緊急避難が適用される。
まあ、殺しちゃうと私がこの惨劇の犯人ってことになるけど、殺さなくても脚と腕の腱を切断すれば動きは封じされるから、そいつを白日の下に晒してくれる」
KPあ、ロールプレイだったんだ」
のののPLは現在、狂ジャーナリストになっているので、神話的生物とかは今のところ疑ってません。これは殺人事件です!!」
KPじゃあ調理台で包丁、食器棚でナイフとフォークを見つけました」
ののの脚の腱を狙って…切る…。脚の腱を狙って…切る…」
KPおまわりさんこの人です。アイデアを振っていいよ」
のののアイデア85!…74」
KP成功したので、これが銀製品に見える事に気づく」
ののの銀包丁!?それ切れるの!?」
KPとにかく銀なんだよ。ナイフとフォークも銀です。歴史かオカルト振って」
ののの歴史70でオカルト5なんで、歴史で。…68!ギリギリ!」
KPあなたは銀には魔除けの力があり、高い精神力を象徴するものである事を知っています。歴史に成功したので、昔の貴族や王族が銀食器を使っていたのは、食べ物に毒が入っていた場合に反応するから、ということも知っています」
のののこれリアル知識とどれくらい混ぜてロールプレイしたらいいかわからないね」
KPここはこれ以上何もないよ」
ののの犯人がここにいないとなると、下僕の部屋…下僕!?というか、私も下僕に!?誘拐された人間がいるかもしれない!そこに行く!行くしかない!耳がちょっと遠いけど今!」
KP下僕の部屋に移動します」

東の部屋、下僕の部屋は、錆びた鉄で出来た扉であった。

ののの聞き耳…は難聴状態だから意味ないか。あ、KP、そういえばすっかり忘れたけど、セルフ精神分析しながら行きます」
KP一人だから許可しよう。はい1D100振って」
ののの76」
KP精神分析61なので失敗」
ののの趣味技能で+60も振ったのに…!!KPダイス変える!!ダイス変えてもう一回振らせて!」
KP…多分そういう問題じゃないと思うけど…どうぞ」
ののの……66」
KPもうSAN値は諦めるんだ」
のののKP、扉に窓と鍵は」
KP窓はない。鍵はかかってるけど、ちょっと押せば壊れそうではある」
ののの自慢じゃないけどSTRは13なんだ。鍵開け。…64」
KP鍵開けは41だから失敗」
ののの力づくで開けます」
KPSTR対抗で」
ののの…88。開くの!?ねえ開くの!?」
KP開きました」
ののの鍵の意味とは」

部屋の中は北の調理室とは異なり、灯りが全くなく、中央の部屋からの明かりも届かない。

KP目星どうぞ」
ののの71」
KP失敗。特に何も分からなかった。部屋に入る?」
ののの何も見えないんだよね」
KP見えない」
ののの何も見えない聞こえない状態で、犯人がいた場合、気づけない。書物庫に行く」
KP書物庫に行く途中で、中央の部屋のスープが最初よりも少し冷めているように感じる」
ののの時間経過は」
KP時計も太陽も見えないので、時間経過は探索者にはわからない。
ただ"スープが'少し'冷めている"よう感じた」
のののなるほど。『一時間以内に 飲めなかったら お迎えが来る』というこの文章を犯人が書いたとすると、『お迎え』っていうのは決して良い意味じゃあなくて、あの世へのお迎えの方なんだろうな…」
KPと、中央の部屋にいると下僕の部屋から誰か出てきました」
ののの回避!1!!!凄い!!!クリティカル出た!!!!!」
KPいや、何を避けたんだ」

のののがその体力からは信じられないほど素早く避けると、そこには十代後半ほどの少女が立っていた。
こちらと同じ白いローブに、白い肌、白い髪と白まみれの中で、目立つ赤い目とローブの端の血に染まった赤。
虚ろな目をしてはいるが、突然の回避行動に驚いた様子を見せたことから、感情がない訳ではなさそうだ。
だが、片手には少女という存在には不釣り合いな拳銃が握られている。
ののの回避!35!成功!」
KPなにこのひとこわい。女の子は拳銃は持ってはいるものの構える様子もなく、敵対する様子もありません」
のののでも服に血がついている…。話しかけます」
KPロールプレイどうぞ」

「はじめまして。私はののの。あなたは?」
少女はこちらの言葉に頷くものの、名前を聞かれると首を傾げる。
言葉を理解はしているが、言葉を発する様子はない
耳がよく聞こえない自分のせいかとも思ったが、少女の唇は動いていなかった。
「あのスープはあなたが作ったの?」
少女は首を振る。
「あのスープはあなたが運んだの?」
少女は首を振る。
「あなたは人を殺したの?」
少女は首を振る。
「あなたは人を、殺せるの?」
少女は、表情を変えず頷いた。

KPこの子は基本的に探索者に従います。話せませんが今のようにコミュニケーションを取ることができます。特に宣言しない限り一緒についてきます。ソロプレイ救済策としてこの情報を開示しました」
ののの幸福です」
KPこのまま書物庫に行きますか」
のののじゃあ一緒に行きます。やったー!私一人じゃないんだよね!」
KP死亡フラグ」

西の部屋、書物庫は綺麗な木製の扉だった。

のののKP、鍵と窓は」
KP窓も鍵もない」
ののの少女、聞き耳を」
KP首を横に振る」
のののあ、失敗か成功かは教えてもらえないのか」
KPNPCだから」
ののの最初と同じくドアを少し開けて中を窺う」
KP目星で」
ののの…45」
KP失敗」
ののの少女、目星。中に危険な人間…いや、生き物がいるかどうか」
KP首を横に振る」
のののわからん!」
KP少女を使うことに抵抗ないね」
ののの一応不定の狂気中だからね!現在最優先されるべきは犯人を白日の下に晒すということに狂信的だからね!少女は自分と同じ生きていれば良いレベルだよ!! まあ、中に入る」

部屋の中央には小さな四足の古い机があり、その上のキャンドル皿に乗せられたろうそくがうっすらと部屋を照らしていた。
四隅には本が一杯に詰められた本棚が置いてある。
本棚に並ぶ背表紙ジャンルがどれもバラバラではあるが、全て日本語だった。

KP図書館ロールをどうぞ」
ののの…66」
KP図書館40なので、失敗」
ののの目星!目星!!!!!」
KP目星+幸運で振っていいよ…」
ののの25!」
KP目星25+幸運20で足しても55だこの人。成功。
『スープの夢について』と記された真っ黒な本を見つけます」

本はべったりと湿っていた。
本を手に取ろうと触れると、僅かに甘い香りのする黒い液体が手に付着した。

KP博物学どうぞ」
ののの…20」
KP博物学10なので失敗。特にこの液体については思い当たることはなかった。どうする?」
ののの少女にこれを知っているか聞く」
KP首をかしげるね。どうする?」
ののの読む」
KPあ、包丁持ってたよね。どういう風に持ってるの」
ののの右手で構えてる」
KPじゃあ、本は左手で持った訳だけど、どうやって読むの」
ののの…包丁を持ったまま読む。本棚を背に、入り口を向いて、周りは警戒する。少女には音が聞こえたら裾を引いて知らせるように言う」
KPOK。本の中身は
 真ん中の部屋・・・ちゃんとしたスープを飲まないと出られない。メモの裏にはスープの正体が記されている。
上の部屋・・・調味料や食器が沢山置いてある。ちょっとだけ予備のスープが鍋にある。
 右の部屋・・・とっても良い子が待っている。いいものを持ってるよ。
 左の部屋・・・本はとっても大事だから持ち出したら駄目。ろうそくはもってける。
 下の部屋・・・神様が眠っている。毒の資料がある。番人は活きのいいものを食べなきゃいなくならない。
 大事な事・・・死ぬ覚悟をして飲むように。
以上」
ののの下の部屋、つまり南の部屋には行ってないが、そこに神様…犯人がいるってことか…。本の持ち出しは禁止…証拠品…?黒い液体が?ろうそくは持っていけるとわざわざ書いてあるっていうことは、さっきのこの少女がいた部屋を照らせるのか…」
KPどうする?」
ののの本を閉じて左手で持つ、右手で包丁を持ったまま、扉は開けっ放しで、真ん中の部屋に本を置く」
KP真ん中の部屋に入って、本を置いた辺りで少女が裾を強く引く」
ののの回避!…89。うわあ」
KPいや、まだ避けるものは何もないんで…」
のののまだ?」
KP振り返ると書物庫の扉がバタバタと閉じたり開いたりを繰り返し始めるのが見える。そしてそれは急に溶け出し不定形の黒いスライムのような物体となってこちらに襲いかかってきた!SANチェックだ!」
ののの死ぬ。…17」
KP現在のSAN値12なので…失敗。1D10どうぞ」
ののの…4」
KP12から4引いて、現在のSAN値8。はい、不定の狂気もういっちょ入ります。1D10どうぞ」
ののの…3」
KP幻覚です。まとめると、現在の不定の狂気は、真実の解明に対して異常な執着、心因性の難聴、幻覚の3つ」
のののうわぁ…。幻覚って難しいね」
KPとりあえず黒いスライムのような物体と戦闘です」
ののの死ぬ」
KPDEX順に行動。黒スライムの行動は今回はダイスで決めます。
(ダイス)…体を鞭のように伸ばして攻撃してくる。
(ダイス)攻撃範囲は2人。まずのののさんを狙うよ(ダイス)」
ののの回避ローーーーーール!!!!…13!」
KP技能で回避じゃなくて普通の回避の話してるよね?」
のののはい」
KP触手はのののさんをかすりもしなかった。そしてその手がそのまま少女を狙う。(ダイス)(ダイス)触手は少女を殴る(3ダメ)。
少女はまだ立っている。次、のののさんのターン」
のののえっ、少女遅ッ。え、えええええええ、絶対に勝てる気がしない……。とりあえず包丁で攻撃する」
KPあ、技能にない…。ええと…こぶしで振って」
ののの…9!」
KP(ダイス)こちらは回避に失敗。1D6でダメージロールどうぞ」
ののの…4」
KP銀の包丁は黒スライムを切り裂くが、その傷は一瞬で塞がった」
のののOh…」
KP少女のターン」
ののの拳銃で攻撃を命令」
KP(ダイス)外れ。(ダイス)外れ。(ダイス)外れ。少女は3発撃ったが、どれもバラバラな位置に飛んでいった。
黒スライムのターン。(ダイス)(ダイス)(ダイス)あ…。ええと…少女に飛びかかった黒スライムは机に激突した」
ののの(ファンブルだ…)」
KP(ダイス)。幸運振って」
ののの…86。少女のも!少女のも!!」
KPソロなので、認めよう。(ダイス)黒スライムは、机に置いてあった本の真上にベチャリと激突した」
ののの(ファンブルでは…)」
KP黒スライムはそのまましばらく動きを止めるが、本を吐き出したあと弱々しくしか動かなくなる」
のののえ…」
KP二人ともで目星どうぞ」
ののの…92。あ、あぶな…」
KP少女は…(ダイス)…吐き出された本と、のののさんの銀の包丁を交互に指差す。少女に促されて包丁を見ると、書物庫で本を触った指の跡が変色していることに気づく」
のののあ、つまり、あの黒いのは毒で、毒にやられたのか」
KPここでスープが先程よりもまた冷めていることに気づく。そしてろうそくが燃え尽きた」
ののの持ってきた意味NEEEEEE!ということは、割と時間が経っている!一時間までもう少ししかない!?脱出を優先にする!?ああでも不定の狂気中だった。ロールプレイ的には脱出っていう選択肢はない…。ソロプレイで不定の狂気って結構詰むよね。ええと、南の部屋に行く!!」

南の部屋、礼拝堂は一回り大きな厚い鉄扉だった。他の部屋とは違い扉には小窓が付いている。

ののの鍵は」
KPかかってない」
ののの少女、聞き耳。何かいるかどうか」
KP(ダイス)少女は首を振る」
ののの少女、中を覗いて何かいるか確認」
KP少女は頷く。ちなみにあなたは幻覚中なので、覗いても正確に判断できないのでよろしく」
のののKP、いま私は幻覚のせいでそれを見ても正確に判断できないんだよね?」
KPそうだね」
のののじゃあ、資料があるって書いてあったので、中を覗きこむ!動いているものは幻覚です!」
KPあーーーーーー、幸運をどうぞ」
ののの…15!」
KP幸運20で成功だと…。じゃあ幸運にも中を覗きこむと幻覚で謎の翼を持つ怪物が見えるけど、さっきから視界には変な生き物たちが見えているので、これも幻覚だと思うだろう。目星どうぞ」
ののの…2!クリティカルきたーーーーーーー!」
KP部屋の奥に人間の体を持つ象のような何かの像を発見します」
ののの象のような像。インドの神様かな?」
KPその隣に石版に何か書いてあるのが見えるね」
のののえーと、多分少女が見たのは犯人で、私が見ているのは幻覚だと思うので、少女は部屋の外で銃を構えて待機。扉を開けた瞬間に敵の脚を狙って撃つように指示。私は忍び歩きで石版まで行く」
KP忍び歩きロールどうぞ」
ののの…47。7たりない」
KPじゃあ、扉を開けて入った途端に、幻覚の怪物が襲い掛かってくる」
ののの少女は開けた瞬間なので、先手攻撃!先手攻撃!」
KPOK。(ダイス)(ダイス)(ダイス)、(ダイス)弾は一発だけ怪物に当って、(ダイス)弾き返されたね」
ののの硬っ!!」
KPじゃあ、怪物は少女へ向いて、攻撃をする」
のののその隙に全力で石版へ行って、読む!私は少女は犯人に襲われていると思っている!少女は調理室に逃げ込め!扉を閉めろ!」
KP(ダイス)(ダイス)(ダイス)怪物は少女に噛み付く。(3ダメ残り2)ショックロール入るよ」
ののの応急手当してなかった!」
KP遅いよ。少女は意識を失う。とりあえず石版へはたどり着いたが、読む間に怪物のターンが回ってくる。ただし少女が気絶したことも、戦っていたのが怪物であることもあなたは気づいていないよ。難聴だから倒れた音も、調理室に逃げ込んだかどうかの音も聞こえない」
のののえ……それは…読むだろうな…」
KP読むんだね。そこには目の前の像がチャウグナー・フォーンと呼ばれる神であるという事実。そして今居る世界がチャウグナー・フォーンの気まぐれで魅せられている夢であると事、その他この邪神に関する事が簡潔に記されていた」
のののえっ、これ夢!?じゃあ、犯人も何もないってことか!目が覚めればいいんだ!と、思うだろうな…。目が覚めるには毒入りスープを飲めばいいってことか!となると思う」
KPそれが嘘ではなく事実だということが、確信的に分かるね」
ののの夢によくあるやつだ」
KPはい、SANチェック。現在のSAN値8。成功する訳がない数字になってきたけど」
ののの…79」
KP減少値1D6+1」
ののの…3」
KP3+1で4減少、現在のSAN値4。トリプル不定の狂気だったのが、クアドラプル不定の狂気だ」
ののの…1」
KP健忘症/昏迷/緊張症」
のののあ、じゃあ少女の存在と一緒にいた記憶をそっくり忘れます」
KPそう来たか…。ちなみにここで6のクトゥルフ神話技能を会得しました。少女の方の処理をするね。(ダイス)あ」
のののえ?」
KPどうする?」
ののの犯人は何故かは忘れたけど部屋の外にいるけど、これ夢だし、外に出た瞬間に回避しつつ、本の毒をスープに入れて飲む」
KP本を拾うのに1ターン、飲むまでに1ターン消費するよ。
じゃあ外に出ると、さっきの幻覚の怪物が襲ってくるけど、もう回避行動に移ってるんだよね…回避の鬼か。とりあえず回避振って」
ののの…52」
KP66なので、成功。よく考えたらここまで1ダメージも負ってないこの人。素早く避けて本を拾うと、見知らぬ少女が気絶しているのが目に入るね」
ののの生きてる!?」
KPメタいメタい。生きてるよ。(つまりさっきのダイスは攻撃失敗だよ)」
ののの活きのいいものは気絶している人間は入らないのか!」
KPそれキャラ本人は気づいてないからね」
のののスープに本の黒いベタベタを突っ込みながら、顔面も突っ込む!」
KPダイナミックいただきます!まずは怪物攻撃するんで。(ダイス)噛み付いて来るよ。回避振って」
ののの回避していいの」
KPまあ、宣言してたし、夢だって分かったら幻覚だろうが夢だろうが一緒かなっていうソロプレイ救済」
ののの…72」
KPここでまさかの失敗。(ダイス)4ダメージ」
のののHPは13だから9になるのか。まだなんとかなる」
KPただ夢だろうが、怪物を見てしまったのでSAN値チェックしてもらおう」
ののの…36」<
KP失敗。1D10の減少値…と言いたいところだけど、夢だと認識してるので、1D6で」
ののの…1!!」
KPワァオ、4から1減少して3。クインティプル不定の狂気だ!」
のののそろそろ人間としてやばい。…10」
KP強迫観念に取りつかれた行動」
のののもはや!目を覚ますしか!ない!!毒だろうと人間の血液だろうと関係!ない!!!本の黒い毒をスープに入れて顔突っ込んで飲む!!!」
KP少女は」
ののの何故強迫観念にある人間がそんなものを覚えていようか!」
KPじゃあ血液に対する恐怖はなし。毒との対抗ロールなんだけど、そちらのCONが9なので自動失敗。
 幻覚を見て…さっきからずっと見てるけど…、呼吸と心拍が激しくなっていき、一分以内に心臓は疲れ果て、死亡した」


視界は真っ白だった。
幻覚もついにここまで来たか、と思った。
その時、吠えるような声が響いた。
『勇敢なる者よ!現へと還るがいい!』

気づくと朝だった。
いつものベッドの上、いつものスマートフォン。
あの妙な部屋の痕跡も、夢の中で負った怪我も全て消えていた。

KPお疲れ様。悪夢から抜け出せたので、SAN値を1D10さらに自ら飲んだ報酬として+5回復するよ」
ののの…2」
KP現状の3に2+5を足してSAN値は10まで回復した」
ののの精神分析…80」
KPいや、もう終わってるけど、61だからどのみち失敗。不定の狂気に入っているので、(ダイス)5ヶ月間続きます」
ののの入院しよう…」
KP今回は一応成長までやります。
セッション内で成功した技能に関して、成長ロールに成功すると1D10の技能値がプラスされる。
成長はゲーム内の成功とは逆で、技能値より低い場合に成長ロール成功となる。
この辺ハウスルールで、クリティカルが出た技能とか、ファンブルが出た技能とかは無条件成長とする所もある。
今回成功した技能は、アイデア、目星、STR、回避、幸運。
現在の数値はアイデア:85、目星:25、STR:13、回避:66、幸運:20。
じゃあまず成長ロール」
のののアイデア…25、失敗。目星…99、無駄クリティカル。STR…43、成功。回避…40、成功、幸運…80、成功」
KP成功した技能の成長値を1D10で決定してください。99出したのだけ2D10振ってもいいことにしよう」
ののの目星…2+9=11、STR…1、回避…10、幸運…2。貧弱なまま回避がめっちゃ上がった。さらに回避特化型探索者に…」
KP上がった技能値の結果は、目星:36、STR:14、回避76、幸運22。あとクトゥルフ神話が6。
それでは、お疲れ様でした。」
のののお疲れ様でした。」

最終的なキャラシート
nnn2423.jpg

と、ここまでガチソロプレイをやって、思ったこと。
技能値が偏り過ぎてたり、低すぎたりすると詰む。
複数人プレイだと補え合えるので、いいかもしれないけど、ソロだと辛い。
人数とシナリオが決まった状態で、推奨技能を教えてもらってからキャラメイクした方がいいな、と思った。
後、大体の卓で振り直しや数値入れ替えなどをしている理由は「楽しむため」だと理解した。
思ったよりも「知らないということで行動する」のが難しい。
メタ知識やリアル知識が入ってきちゃう。
「どこまでが常識か」のラインが分からないので、ある程度のリアル知識は許可して欲しいかなー。
狂気時のロールプレイも狂気ってたらどういう行動に出るか、を考えるのにちょっと悩む。
あと、このキャラもう使っちゃダメだ…。ただの回避が凄い一般人だこれ。

キーパリングで思ったこと。
探索者がシナリオで想定していない行動をすると焦る。
あと別に探索者を殺したい訳じゃないので、どこまで手心を加えるかに悩む。
あんまり甘やかす(?)とただのご都合展開になるし、厳しくし過ぎるとロストするし。
ただ今回は甘くしすぎた気がしたので、技能値的にロストしても良かったような気がする。


結論:全部ソロでやってもそれなりに楽しいけど、寂しいのと、我に返ると虚しい。
    あとすっごい90年代のあとがきを思い出す。


※通常の「ソロプレイ」は、探索者が一人のセッションのことであり、KPも探索者も引っくるめてソロぼっちのことではない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のののP

Author:のののP
絵描いたり動画作ったり歌ったり3Dモデリングしたりゲームしたり。

■ニコ動
mylist/2325248
■youtube
nononoP00
■Pixiv
id=141058
■連絡
opm_niconico○yahoo.co.jp
○→@

MMD配布系まとめ
PMDE講座まとめ
blender tips

配布物以外の無断使用禁止。

商用利用、商業依頼については上記連絡先までメール下さい。

カテゴリー
アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード