アクテイブウィンドウが最前面に来ないのが解決した

最近ずーっと困ってたんですよ。
アクティブウィンドウが最前面に来ないの。
MMDいじってて、ctrl+Tabでchromeに来ようとしても、
タスクバーを見るとchromeがアクティブになってるのに、MMDが最前面にずっといる。
またある時はエクスプローラーいじってて、SAIを使おうとSAIクリックしてアクティブにしても、
エクスプローラーがずっと最前面にいる。

指定したウィンドウを常に最前面に置いておくソフトとかがあるのも知ってるけど、それも入れてないし。
twitterクライアントとか諸ソフトには、
「常に前面に表示機能」がデフォで付いてるやつもありますが、
エクスプローラーなどにはついてる訳もなく。

もう初期化するかなぁ…とか考えて、結構ググッてたんですけど、やっと見つけました。
「wisptis.exe」 こいつのせいっぽい。
wisptis.exeのせいで画面が崩れる(?) -CRUSADER'S ROOM分室
ここを見て、ほうほうと思いまして。

「wisptis.exe」が何かとコンフリクトしてるとか、まあともかくバグで、管理が上手く行っていない、と。
ペンタブ使ってますけど、それとは関係ないwindows系のタブレット用の処理とかに使ってるっぽいので、
関係ないから消しちゃってもいいかなーと思ったんですけど、
システム関係ファイルぽいので、消さない方が安全牌だろうと。

こいつを動かなくする方法をググッたのでまとめて書いときます。

ちなみにうちのPCは、windows7 64bit。

1. 「Microsoft Office IME 2010」をダウンロード&インストールする。
 (ちなみにMicrosoft Office製品がインストールされてないとダメらしい)
2. 「言語バー」を右クリック→「設定」
  もしくは、「コントロールパネル」→「地域と言語」→「キーボードと言語」タブ→「キーボードの変更」ボタン。
3. 「テキスト サービスと入力言語」ウィンドウが開く。
4. 「全般」タブの「インストールされているサービスから、
  「Microsoft Office IME 2010」を選択→「プロパティ」ボタン。
 (ここで、Microsoft Office IME 2010がない場合はインストールできていません)
5. 「その他」タブ→「詳細なテキスト サービス」ボタン。
6. 「詳細なテキスト サービス」ウィンドウが開くので、
  「詳細なテキスト サービスを使用しない」にチェックを入れる。
  ※ここで「OK」ボタンを押すと、確認なしに強制的に再起動がかかります。
   作業途中のデータやソフトなどは保存して終了しておきましょう。

7. 「OK」ボタンを押す→強制再起動。

XPとかその他の人は、「詳細なテキスト サービスを使用しない」でググれば多分出てくるヨ。

いきなり前振りなしに再起動かけられた時は、
「あのモーションって登録してから保存したっけな…」と焦るなどしたので、気をつけてね!!!
再起動するならそう書いておけよぅ。

今のところアクティブウィンドウと最前面のウィンドウは正常です。
わーい。




2017.03.18 追記
windows10でも同じ症状が出始めました。
なんだ。呪いか。
windowsはそういうのが好きなのか。

Microsoftコミュニティの「アクティブウィンドウが最前面に来ない(Windows10)」
に書いてある通りにしてみました。
Real Playerは入ってなかったので、レジストリを変更してみました。

2017.03.25→直りませんでした。常にじゃないけど、時々なるので再現性が不明。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ありがとう、私も困っていたのが治りました。

あきら

ありがとうございます。ここにたどり着いて助かりました。
ちなみに、今では再起動の警告が出るようになっていました。
アクティブウインドウ前面に来てうれしいな~!!!

No title

ありがとうございます!
フォトショップでウインドウが後ろに行かなくて困ってました!
ほんとーに助かりました!!!!!
プロフィール

のののP

Author:のののP
絵描いたり動画作ったり歌ったり3Dモデリングしたりゲームしたり。

■ニコ動
mylist/2325248
■youtube
nononoP00
■Pixiv
id=141058
■連絡
opm_niconico○yahoo.co.jp
○→@

MMD配布系まとめ
PMDE講座まとめ
blender tips

配布物以外の無断使用禁止。

商用利用、商業依頼については上記連絡先までメール下さい。

カテゴリー
アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード