スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PMDE講座2】ボーン表示枠のカスタマイズ

第2回PMDE講座はっじまっるよー。

今回はリクエストのあった「ボーン表示枠のカスタマイズ」です。
MMDはタイムラインの左側に各ボーンが種類ごとに収まっていますが、
これはモデルによって(というかモデラーによって)時々異なっています。
これを自分がモーションを付けやすいようにカスタマイズすんべ!というのが、
今回のコンセプトです。

第1回を読んでるのを前提で書いてるかも!


今回やること
A, 全ての親を追加した時にセンターを表示枠に入れる。
B, 枠の順番を「全ての親」「センター」「上半身」「下半身」以下略に並べ替える。
C, 物理演算関連のボーンを「物理演算」にまとめる。


今回もはじめに基礎のお話。
今回は「ボーンの親子関係」

ボーンには親と子があります。
これは何かって言うと、「親の動きに子のボーンはついていく」。
腕を上げると、手だけその場に取り残されずに、手も上がります。
これが親子関係。
腕ボーンの子が肘ボーン、
肘ボーンの子が手首ボーン、
その子が各指ボーンとなっているので、腕ボーンを上げるとその先(子)が全部ついてくるわけです。

上半身にあるボーンの大元の親は上半身ボーン、下半身にあるボーンの大元の親は下半身ボーンです。
そしてさらに上半身ボーンと下半身ボーンの親が、センターボーンです。
なのでセンターボーンを動かすと全部ついてきます。

そう、ついてきませんね。
それは足にIKがあるからです。
IKについてはまた別の仕組みなので、別の話で。


A-1. 全ての親を追加する。

全ての親は、センターの更に親です。
ちなみにIKもついてくる、本当に「全ての親ボーン」です。
PMDEのボーンタブを開いて、編集→ボーン→「全ての親」ボーンの追加。
nnn0067.jpg
これだけ!
ボーンタブの一番上に全ての親が追加されました!


A-2. センターを表示枠に登録する。
全ての親を追加すると、MMDのタイムライン左側からセンターが消えます。
nnn0068.jpg
これは一番上にあるボーンは自動的に、タイムラインの一番上に表示される仕様だからです。
センターがあった位置には、現在一番上の「全ての親」が表示されています。
センターは表示から弾かれてしまいました。
でもセンターがないと不便なのでセンターを左の枠に入れましょう。

PMDEの「表示枠」タブを開きます。
nnn0070.jpg
ここがMMDのタイムラインの枠を管理するタブです。
「表情枠」が表情の一覧。
今回は下の「ボーン枠」をいじります。

ボーン枠のところで、右クリック→新規追加。
もしくはボーン枠の中を一回空クリックして、ctrl+A。
これでボーン枠の中の一番下に[新規]っていうのができるはずです。
これを選択して(新規追加した時点で選択状態にはなってる)、
枠名をとりあえず「センター」と打ち込みます。
ここは好きな名前でOK。
モーション流しこみ等には影響しません。

nnn0072.jpg
右の「対象ボーン操作」のプルダウンから「センター」を選んで、[←追加]ボタンを押す。
こういう感じで「対象ボーン」の中にセンターが入ればOKです。
(11.10.20追記:画像が間違っていて「対象ボーン」の中に「全ての親」が入っていますが、
ここに「センター」が入っていればOKです。のちのち画像は差し替えます。)

nnn0073.jpg


B-1. ボーン枠の順番を入れ替える。
ボーン枠の順番て、地味にモーション付けの効率に影響しますよね。
ちなみにAを終えた状態では、このように、センターが一番下に来ています。
nnn0074.jpg

先程のPMDEの「表示枠タブ」の「ボーン枠」をいじります。
まず「センター」を一番上に持ってくるので、センターで、右クリック→上へ移動。
もしくはctrl+↑。
何故かctrl+↑は時々効かない事があるんですが、
一度右クリックで移動させてやると効くようになったりします。(うちだけかな?)
nnn0075.jpg
これで、一個ずつ上に上がってくるので、センターを一番上まで持ってきます。
ついでに同じように体(上)、体(下)も上に持って行く。
ちなみに下に下げるときは、右クリック→下へ移動 か、ctrl+↓。

これでこんな風に入れ替えられたのぜ。
nnn0076.jpg
ご覧のとおり、「一番上のボーン」「表示・IK」「表情」の順番はここで固定です。ざんねん!

ついでにこのボーン枠は好き名前に変えてもいいので、
自分が理解できてモチベーションが上がるなら、自分の好きなキャラ名とかにしてもいいです。
nnn0077.jpg
私は分からないのでやりません。



C-1. ボーン枠を作る。

今回は物理演算系をひとまとめにします。
まず、センター枠を作ったときと同じように、「物理演算」の枠を作ります。


C-2. 移動させたいボーンをチェックする。
次に物理演算に関係するボーンですが、「剛体」タブからチェックできます。
nnn0078.jpg
細かい説明は省いて、右の「剛体タイプ」を見ます。
これは剛体の一覧です(剛体の説明は今回は省きます)。
[物理演算]の剛体を見ます。
左の一覧の左側に色の□が二つありますが、
そのうち、一番左の□が緑色以外のやつは全部物理演算の剛体です。
図は、関連ボーンを見ると「右髪1」と書いてあって、これは、右髪1が物理演算が影響するボーンということを表しています。

こんな感じで一番左が緑色じゃない剛体(オレンジと黄色)を全部メモっとく。
今回は「右髪1~6」「左髪1-6」「腰飾り」「右スカート系」「後ろスカート系」「ネクタイ1~3」です。


C-3. 今の表示枠から外す。
表示枠に戻って、さっきメモったボーンを一度今入ってるボーン枠から外します。
まず「右髪」「左髪」は「髪」枠に入っているので、その枠を選択。
対象ボーン欄から外したいボーン(今回は左髪1)を選択、右側の[削除]ボタンを押す。
nnn0079.jpg
確認されるので[OK」。
これで「左髪1」は「髪」枠から外れました。
これを一個一個繰り返します。
「腰飾り」「スカート」は「体(下)」、「ネクタイ」は「体(上)」に入っていたので、ここからも同じように削除します。


C-4. 新しいボーン枠に入れる。
あとは「物理演算」の枠に、センターの時と同じように「←追加」を押していくだけです。
今回外したボーンしかプルダウンにないなら、「←追加」連打で入ります。
うっかり入れる予定のないボーンを追加してしまった場合は、削除で消せばいいだけなので安心です。
nnn0080.jpg

こんな感じに元の「髪」枠から消えて、「物理演算」の枠にまとまっています。
やった!できたね!
nnn0081.jpg


こんな感じで、これも別名保存を忘れずにね!



次回は、「透過テクスチャを使いたいでござるの巻」を予定しております。
「モデルを着せ替えたいでござるの巻」もリクエストがあったんですが、ちょい時間かかるので、お待ちを。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のののP

Author:のののP
絵描いたり動画作ったり歌ったり3Dモデリングしたりゲームしたり。

■ニコ動
mylist/2325248
■youtube
nononoP00
■Pixiv
id=141058
■連絡
opm_niconico○yahoo.co.jp
○→@

MMD配布系まとめ
PMDE講座まとめ
blender tips

配布物以外の無断使用禁止。

商用利用、商業依頼については上記連絡先までメール下さい。

カテゴリー
アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。